忍者ブログ
購入したユーズドCDのレビュー。なんか伏字でロックっぽいタイトルにしてみました。
[20]  [19]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前回の続き。BOOK MART→BOOK OFFを梯子。
今回は「BOOK OFF編」です。次回が完結編となります。

いやあ、たまには新しい場所行かないと駄目ですね。
前々から欲しかったものが転がっていて、ラッキーでした。

******



【アーティスト】Ben Kweller
【タイトル】Sha Sha(2002)
【規格品番】BVCP-21284(国内盤、解説:坂本麻里子)
【購入価格】500円(帯付き)【評価】★★★★★

米国テキサス出身のシンガー・ソングライター。この1stアルバム発売時、Ben Kwellerは20歳。Weezer的なパワーポップもあれば、Beck, Pavement通過後のオルタナ・カントリーな曲もある。その完成された作曲能力には、彼が既に15歳の時にRadishというグランジ・チルドレン・バンドで、デビューしていたことも関係しているだろう。この頃の曲も本当に最高なので、ファンの方々は是非聴いて欲しい。




【アーティスト】Mcfly
【タイトル】Room on the 3rd Floor(2004)
【規格品番】UICI-9006(国内盤、解説:今泉圭姫子)
【購入価格】500円(帯付き)【評価】★★★★★

デビュー当時は「Bustedの弟分」として売り出され、アイドル・バンドな扱いをされていた。僕もそんな被害者の一人である。数年後に、彼らがJellyfishの「Baby's Coming Back」のカヴァーをしたことで、僕の印象は一変した。特にこの1stでのThe Beach Boysフォロワーっぷりは凄い。1曲目なんか良くテレビのジングルで使われているけど、60'sの古い曲だと思ってる人は多いんじゃないかと思う。




【アーティスト】Kottonmouth Kings
【タイトル】High Society(2000)
【規格品番】TOCP-65444(国内盤、解説:大貫憲章, 大野俊也)
【購入価格】500円(帯付き)【評価】★★★★★

米国オレンジ・カウンティ出身のミクスチャー・バンド。元Descendents, Dag Nastyのメンバーが集結したパンク・バンド、Humble Godsのフロントマンでもある、Brad Daddy Xが結成。音楽的には初期〜中期のBeastie Boysに近いが、幸せになれる葉っぱを讃える歌があったりとストリート出身の本物である。これは、それまでの力技から脱皮し、ロックとヒップホップの整合性がとれた3rdアルバム。




【アーティスト】Kid Rock
【タイトル】Devil without a Cause(1998)
【規格品番】AMCY-7118(国内盤、解説:有島博志)
【値段】250円(帯付き)【評価】★★★★★

本名、ロバート"ジェームス"リッチー。叩き上げの白人ラッパーであり、ロック・シンガーでもある。また、強力で個性的なバック・バンドを率いたライブには定評がある。これは出世作となった5thアルバム。当時隆盛を極めていたラップコア的な曲あり、Beck的なサンプリングを施したカントリー曲あり、バラードありと、なんでもありのパーティ感覚。アメリカならではの「成り上がり」感覚が痛快で爽快。

******




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カウンター
ブログ内検索
プロフィール
HN:
3106
性別:
男性
バーコード
P R
アクセス解析
BxxK OFF!!! 2009年 5月24日(2) Produced by 3106
Designed by ninja-blog.com
忍者ブログ [PR]